高齢化社会についての記事を書いています

年金と老人ホームについて

投稿日時:2014-03-08 20:41

少子高齢化社会の影響で、一人では暮らしていけない高齢者が増えているのに、家族がその世話を出来ないケースが多くなってきています。こうした社会状態ですから、老人ホームに入居したいと考えるお年寄りはますます増えていくでしょう。一方で、そうしたお年寄りの老人ホーム入居がうまく進んでいないという現状も存在します。それは年金だけで、老人ホームの費用を賄うのが難しいという問題があるからです。

老人ホームにはいくつかの種類がありますが、年金収入だけで入居できるほど費用が安いのは、特別養護老人ホームくらいのものです。ですが、特別養護老人ホームの数は十分ではなく、常に入居待ちの状態が続いています。

その為、多くの人が有料老人ホームに入居することを強いられますが、年金だけでは有料老人ホームの費用を払うのは難しいです。最近ではそんな要望に応えて、軽費老人ホームという費用の安い有料老人ホームも出てきましたが、受けられるサービスの質は低くなりがちです。

このように、介護施設を利用したくても利用できないという現状があることを、高齢者だけでなくご家族の方も知っておく必要があると思います。その上で、最終的にどうするかを家族全員の意見で決めることが、長い介護生活を続ける中で重要なこととなります。

広告

Author

  • 名前:佐藤
  • 性別:男
  • 趣味:スキー

記事検索


BACK TO TOP